読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春は風のように

タイトルはBIGMAMAの楽曲から。

ヴァイオリンとギターでユニゾンしているイントロの流麗なリフが

軽やかな春風のようで好きです。

10月の武道館公演はどうしても行きたい。

 

退職から1ヶ月が過ぎた。

こんなに休んだ事あったかな。

 

あっという間。

だけど時間や体力的な部分など色々な制約があって出来なかった事も出来ている。

贅沢なニート生活だ。

 

そんなことを言いながらも

目下、いろんな事のバランスを取りながら

少しずつ、先のことを考え始めている。

 

生活をすればするほど

預金残高は確実に減って行くのだ。

 

出来ること、出来ないことは大体自分でわかっているつもりだったけれど

「こういうことをお仕事の中でされていたのなら

それはこういうことにも活かせると思いますよ」と指摘されて目から鱗だった。

 

所謂、一般企業でしっかり働いてる方が当たり前に出来ることは

僕にはまだ出来ないけど

そういう人がしないことを仕事としてやっていた、というのは

見方を変えれば武器になるというのはなんだか嬉しかった。

あの会社で働かせてもらっていて本当に良かった。

 

そして春はやはり良くも悪くも僕にとっては

他の3つに比べて意味のある季節で。

 

今年もきちんと目黒川に行った。

 

そして今年も無事に一年に一度の我儘も言った。

相手の迷惑など考えない。

それだけは勝手に決めたのだ。

 

そんなことを考えていたので

今日は「オーガニック」を聞いていた。

2007年発売だって。もう10年も前なのか。

相変わらず耳が痛くなる言葉が並んでいる。

 

「まだ」と「もう」の間で行ったり来たりしているような日々です。

 

『この手の温もりを

忘れる事が出来なくて まだ』

( 春は風のように / BIGMAMA )